志賀高原は若い頃、スキーで何度かお世話になった思い出の場所。
「私をスキーに連れてって」で、一躍有名になったスキー場なのはご存知な方も多いと思います。
我が登山部(いやただの夫婦)も、あの一代スキーブームにがっつり乗っかって、夜立ちの地獄スキーバスを利用して、長野北部の志賀高原まで、はるばる静岡から行ったものです。今はそのスキーバスも廃止されたので(by静岡)もしスキーに行く時は、どうやって行けばいいのか・・そんな悩める静岡県民です。


さて、バブル期の思い出的な前置きはともかく・・・
紅葉の志賀高原へ出発です!

0.5
紅葉の中・・・なんだけど、暗いっぽくて良く分かりませんねこの写真。朝から志賀高原方面を目指して車を走らせてますが、イマイチ天気がスッキリしない。天気大丈夫かな~?

5
志賀高原に到着。<蓮池>のすぐ近く「山の家」の駐車場にやってきた。(無料です)ビジターセンターみたいな所。

1
ちょっと中に入って、今日のコースを調べて行きます。
2
3
今日歩くコースについて、これといったパンフが無く、肩を落として退散。。。
まぁ、だいだい調べてきたから大丈夫だと思うけど・・・(登山じゃないから、結構テキトー)
 6
建屋から出ると、すぐに「蓮池」が。ここからスタートします♪

7
紅葉してますね~🍁いいっすね~(^^♪ でもちょっと肌寒い・・・

1.5
池のほとりにあったコースの看板。そうそう、今日のコースですよこれが!(なぜ店にないのだ?)
ポイントごとに標高が書いてあって分かりやすいですね♪若干ですがアップダウンありそうです。
2.5
自然探勝コースで行きます。天気が悪いので、4kmをサクッと行きますか!

ところがサクッと行くつもりが、何故かこの先で迷う。292号線沿いに誤って進んでしまい、スキー場みたいな斜面の道を間違って進んだりして、危うく遭難しかける(テキトーに来た末路)
お蔭で30分くらいロスした(;^ω^)

ってか、最初に見逃した看板がコレ。(途中で戻って来た時に撮った物)
8
もしかして、このコースって、逆コース(下り)主流かもしれない、って気になってきた。たまにあるんだよね、下り前提で看板が立ってるから、登りでは気が付かない看板って。お蔭で旦那サンの機嫌悪くなるわ、で、プンスカしながら、再スタート!←自己中オバサン

いざ長池(三角池)へGO!

その後、またスキー場のような緩い斜面を登る・・・最初に迷ったせいで、余裕が無くなり、その間は写真も撮るのを忘れる・・・。もう完全にリサーチ不足で、ちょっと泣きたくなった(;^ω^)



10
最初の池「下の小池」。イモリいるのね・・・

9
ちょっと小さいけど、しっとりした感じで(^^♪ イモリとは出会えず・・・

11
12
お次の池は、長池。読んで字のごとく、細長い池で、そのお蔭でこのような写真が撮れました♪
紅葉の映り込みが美しい・・・

トレイルは、ちょくちょく木道だったりして、全体的にとても整備されてて歩きやすい。


14
15
思っていたより池が多い・・・

16


35
所々、山道のようなトレイルが出てきますが、登山靴で来るほどでもないっぽかった。

18
象の鼻みたいな? 木にぶら下が・・・れませんw

19
20
21
人は映ってませんが、結構歩いてる人多かったです。池沿いにベンチがあったので、☕して、しばしまったり・・・ちょっと八ヶ岳の白駒池に雰囲気に似てました。


22

今回一番気に入ったスポットが、この田ノ原湿原でした。

23
24
草紅葉の湿原の中を歩く・・・
25
夏はワタスゲが見られるそうです。いいなぁ・・・次は夏に来よう。
26
登山じゃないのに、30Lのザックしょってます。ちょっと恥ずかしい(;^ω^)
といっても殆どの人はトレッキングの恰好で歩いてましたので、まぁいいかと。

27
ちょっとメルヘンちっく。


28
ゴールの木戸池へ到着。


29
30
湖畔にホテルや軽食場所あります。バスの発着所でもあります。

31
ピストンで歩いて帰る・・当初の予定でしたが、やっぱバスで帰ります(予想通り)
同じコースを戻る気力なし。山ならピストンとか、それが普通なんだけど、池って、う~ん・・・。





33
バスに乗って、駐車場に戻る光景・・・。旦那サン寝てました💤


探勝コースの感想:天気が良かったら、多分もっと感動したかも?


後で分かった事ですが、このコースはやはり、
木戸池から蓮池に歩くのが一般的だったようですε=ε=(;´Д`)アイヤ~←逆コースで歩いた人

リサーチ不足で、ちょっと後悔しました。


コース詳細についてはこちら↓





この後、栗🌰で有名な<小布施>へ向かいます(^^♪


続く☆彡


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村