9
前回、ネットでオスプレーデイライトプラス20Lを買った!の続きです。
今回は実際に使ってみてどうだったか?という検証の記事ですので、興味のない方には申し訳ない内容です(;^ω^)

0.5
さて、試した場所は・・・・

0.8

0.91
毎度お馴染み身延山です。日蓮宗の総本山がある山梨県です。
だいたい、月一でトレーニングに来ていますが、いたって日蓮宗ではありません(;^ω^)

0.93
今日も、あの絶壁を乗り越えるのだ!高低差100Mあるんだわ・・・((+_+))

0.95

階段の上は、立派な御本堂があります。

1
御本堂の前で、ザックの写真を撮ります(*'▽')

なかなか派手なイエローです(ネットではイエローと表記だれてましたが、これ絶対オレンジ)


2

横から。20Lなので、やや小ぶりに見えますね。
あ、私は身長169cmで、女にしては、やや大ぶりですw

3
ちなみにこのザック、男女兼用のワンサイズしかありません。

4
それでは、身延山山頂に向けてレッツらGO!

この日、500mlのペットボトル3本+500mlの山専ボトル(水筒)+ダウンウエア他、食料などの約3Kgを入れてます。気になるのは、肩パットの厚さです。ちょい薄めなんだわ。。。


1.5
今日も表参道から失礼します。

1.8
山頂の奥の院まで標高差900M。あ、ロープウェイでも行けます(^^♪
(下の駐車場から発着してます)

2.5
途中のお堂、厳か・・・

14.5
なんですが、ガラス越しに中をのぞくと・・・

13
金ぴかの菩薩さまが鎮座!しかもデカイ。身延山は金ぴかな神様が多いですw

3.8
途中の大光坊。どなたでも、屋根の下で休憩できます。

3.5
こういった雰囲気の道が永遠と続く・・・・

5
そのまた途中の休憩場所の法明坊で休憩。行動食を食べる。

あ、オスプレーDL+は自立しないので、椅子に寝かせますZZZZ・・・

6
雪出てきちゃった・・・

14
山頂に到着。がしかし!、今日は霞んできて白い!まさかの花粉?
「多分これ黄砂だわ・・・・」
お蔭で富士山もほぼ見えず(肉眼では見えてましたが、写真だと全然です)

10.5
カップラーメンを食べます。3分待ってる間に冷めないように、今日は薄いアルミの袋を持ってきました。お蔭で、アツアツで食べる事ができた.。゚+.(・∀・)゚+.゚
ちなみにこの袋は、デイライトプラスのインシュレーター入れる所に突っ込んできました。

9
旦那サンにもザックを背負ってもらいました。ちなみに身長は173㎝です。

7
フロントのポケットに山ザブトン入れるの丁度いいです。他に、手袋とか。

8
やっぱり目立つな~この色。街じゃ使えないな~(;^ω^)

12
そういえば、ストックはどうやって仕舞うか謎でしたが、この写真がどうも結論のようです。サイドの紐をストックに巻き付けて、サイドポケットに突っ込んでます。2本でも多分イケます。
サイドポケット広いのはその意味か?(オスプレーのHPにて確認しましたが、ストックについての写真は乗ってません)


ただポケットが広いので、500㎖のペットボトル入れてたら斜めになっちゃうんです。なので、ザックを降ろして椅子に寝かせた時に、ポットボトルがスルっと落ちました( ノД`)。。やばい岩場ではちょっと不安だな~。やばめな岩場ではペットボトルを中に閉まった方がいいかな?

10
ピストンで帰ります。途中で再度ザックを交換しました。
登りでは大丈夫でしたが、痛くなる時は、たいがい下りで出てくるものです。
幸い、肩も痛くならずに済んだので安心しましたε-(´∀`*)ホッ
これなら夏の薄着になっても、肩への負担は出なそうです。(多分)

11

今日の取れ高。まぁまぁのタイムです。

しょい心地が良く、重心も安定していて、登山中に気になる事も無かったです。
ポケットも使い勝手が良く、おおむね、上出来な作りだと思いました。
ただひとつ、ストックを固定するゴムが無いのがアレですが・・・

まぁ日帰り登山では間違いなく活躍することでしょう(*'▽')




次回は、最近旦那サンが買った、モンベルの「ガレナバック20L」をご紹介したいと思います。

1

これで~す(^^♪

続く☆彡


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村