C4025T01

常念岳山頂から常念小屋に戻ってきたのが16時。

C3993T01

夕飯が17時30分、まだ時間があったので、施設内をうろつくことに。
9
8

玄関にある売店。

Tシャツやバンダナ手ぬぐいなどの定番をはじめ、オリジナルグッズが多く置いてありました。

C4039T01


C4033T01
C4033_Moment

ワインや日本酒、つまみ。

C4032_Moment

パンは1個250円のが4種類ありました。

3
5
6
ビール他、冷たいジュース類。カップのワインも。

2
昼食のメニューです。
カレー1000円 ラーメン1000円 牛丼1000円 うどん、そば1000円
おでん 800円 ビーフシチュー1200円
C4029_Moment

また、食堂前には、お湯とお茶のポットが無料でおいてありました!
これはとてもありがたいですね。 山小屋って水が有料のところ多いですからね。本当に助かります!

C4030T01

食堂前にメニューの看板。

C4030_Moment

・・・ん?チョコモナカジャンボ!?www

C4035T01
ハーゲンダッツ400円 バニラ、ストロベリー。何気にアイス多いですね。


1

常念登山口からのタクシー料金が貼ってありました。

 DSC07787

主な登山口へのタクシー運賃表。(写真クリックすると大きくなります)


C4038T01
一の沢登山口から一番近い♨
「常念坊」大人600」円でした。←寄って帰りました。


C4034T01

充電、一回100円。制限時間は書いてなかったです。

C4031T01

本棚です。(ナウシカの漫画が置いてあったのでラスト7巻だけ借りた)

C4029T01
休憩室。

10
1階。突き当りに更衣室。その奥に水道があり、水が自由に使えます。
トイレは水道の横(屋内です♪)

C4043T01
C4048T01
C4048_Moment
室内。5人寝れるようですが、4人が限界なような・・・?
しかしこの日は、超ラッキーなことに、我が家だけでした!!!個室状態(^^)/

可動式の仕切りがありました。布団は、敷布団に寝袋方式。(燕山荘と同じ)
この日は、日中の温度が安曇野で35℃と猛暑だったせいか、山小屋の室内も冷え込まず、寝袋が暑く感じました。夜中になって、やっと寝袋を上にかけて寝ました。

C4026_Moment
17:30。夕飯はハンバーグ定食。結構おいしかったです。

C4045T01
夕飯後に、人がいなくなった食堂でティータイム(スタッフに了解を得て座りました)
窓の外には槍がバーン!という素晴らしいロケーションが広がっていました。

ベランダでは、テーブルと椅子が2セットあり、そこでカップラーメンを食べてる人もいました。
ただこの季節、ブヨまとわりついていて、なんかウザそうに食べてました(;'∀')

C4047T01

テレビで明日の天気予報をチェック。

明日の安曇野は・・・・

36℃だ・・と?!
ひぃぃぃぃぃ!!今日よりも暑いじゃん( ;∀;)マジか!
北アルプスなら涼しいと思ってきたのに、全然涼しくないわ~(*_*;はぁぁ







消灯は20:30でした・・・🌙






翌朝、7月2日。4:30

モルゲンを見ようと、山小屋の外に出ました。
C0685T01

穂高~槍が、少しピンクに・・・

C0684T01




C4056T01

ご来光です。。。。

DSC07822

う~ん、思ったより赤くならなかった。残念。

C4054T01

日が昇ると、ニセ常念が照らされてオレンジ色に変化!おお~(*'▽')

C4055T01

C4057T01

そして足元には、コマクサが!今年初のコマクサ~♪


IMG_3227
5:00の朝食です。鮭がしょっぱかった。


C4064T01
6時。下山です。さらば常念小屋。お世話になりました。とても快適な山小屋でした。

C4062T01
名残惜しい風景です。あと数時間後には、下界か・・・・


C4063T01

もういちど(ニセ)常念岳を目に焼き付ける。今度は秋に来ようかな・・・

C4070T01

下山もやっぱり暑い。しかも、途中で胃が痛くなる。登山の疲れが出てきたか・・・?

C4084T01


9:30 下山。なんとかコースタイムで下れました。
胃の痛みの原因は、多分、濡らして首に巻くクール素材のタオルが原因。水に濡らしたタオルを首に巻いて、その水が首に胸に伝わって、下着も濡れたせいで胃のあたりが冷えたのだと思います。
平地では良いですが、ちょっとあなどれませんね(;'∀')もう使わんワ。

この後、安曇野に降りてから一番近くの、「常念坊」という温泉に入って行きました。
すると、温泉で温まったお陰か、胃の痛みもスーッと消えました。




で、胃の調子も良くなったので、その後に蕎麦屋さんに。でも安曇野ど真ん中周辺のお店はどこも一杯で、車で少し走った場所のお店に入りました。すると、それが正解!

IMG_3233

1650円のセットのお料理。天ぷらやサーモンのサラダ、小鉢、デザート付き。
旦那さんは馬刺し付きのセットにしました。どちらも美味でとても満足しました♪
お店の雰囲気も静かで落ち着いていて、女将さんも親切な感じでした。

お店はこちら「豊科ばんどこ」



まとめ☆彡

今回の登山は、暑さと睡眠不足との闘いで、今までの登山で一番ハードでした。
しかも、当初は常念アタックを翌日の計画だったハズが、(なぜか)初日に変更されたので尚更キツかったです(;'∀')それでもなんとか登れたのは、山小屋泊まりで、時間的に余裕があったのが幸いしたのだと思います。また、比較的早い時間から登山開始したので、常念小屋の前で昼食後には、体力が回復し、山頂アタック出来たのだと思います。高山はやはり早出早着が大切だと再認識しました。

常念岳のこの一の沢コースは、これといって危険な個所もなく、傾斜がキツクなる胸付八丁以降も、道が狭くなる以外は難しくないので、北アルプス初心者コースとなってます。
今回登ってみて、正にそうだと思いました。(←ヘロヘロになってましたよね?)

ただ一つ、この季節、虫が多かったです!7月って虫が多いんです。
頭はネットは被ってましたが、腕はそのまま露出していたら、刺されました(;'∀')

胸突き八丁のあたりで、虫にさされ、初めてポイズンリムーバーを使いました。
ところが、ポイズンリムーバー、いざビニール袋出してみるとなんと、先が割れていました!!

すぐにムヒを塗ったら、幸い痒みは出ませんでした。
ということで、この季節に登る方は、頭から被るネットを忘れずに持っていきましょう!
(それについては、また別の機会に記事にしようと思います)


ということで、これにて常念岳にGO!は、おしまいです。
最後まで読んでいただきありがとうございました!



是非動画でもお楽しみください♪




にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村