相変わらずお暑うございます。9月にとうに入っているのに、全然涼しくなりませんね。
そんな暑い中、性懲りもなく暑い登山をしてきました。場所は箱根です。
といっても前回の記事でもうアピールしているので、アレなんですか(;^ω^)


箱根といったら金時山が一番有名。またはそのお隣の明神ヶ岳まで縦走して、強羅方面へ降りて、バスで金時神社まで戻る(車の場合)その場合、もっとも一般的な金時神社から登るコースは、標高が700M。
う~ん、1000Mもないので、暑い!せめて一番高そうな場所の<金時見晴らしパーキング>標高850Mからスタートしたい。が、そこに車を停めると、そこに必ず戻らなきゃならないのが宿命(?)なわけで、デメリットもあるが、それでもバスの時間に拘束されないのは気が楽な点もある。

ただひとつ問題なのが、金時見晴らしP~明神ヶ岳って何気にアップダウンが多い事。

まぁ、そうはいっても、高山のアップダウンに比べたら、スケールが違うんであまり気にせずGO!しました。結果、アップダウンよりも、景色抜群で感動のほうが勝りました♪

C4501T01

金時見晴らしパーキング 朝7時に到着。前回8時には満車だったので、今回は学習して早く来た。
この日はお盆の最終日でしたが、さすがに、半分くらいしか止まってなくてホッとしました。


C0812T01
駐車場からすぐ下に登山道があります。ここの駐車場はほぼ登山者用ですね。

DSC03655
明神ヶ岳まで100分と表記されていますが、箱根のコースタイムはとても速いので、決してあてにしないでください!(この表記、各所で修正されてますw)

C4504T01
スタートはこんな感じで笹が両側に生い茂っていますが、ちゃんと手入れはされています。
登山開始から6分で明神ヶ岳への分岐がありますので、左へ進みます。


C4508T01
すこし登り、後ろを振り向くと絶景が!右のとんがりが、有名な金時山です。
真ん中のへこんだところに、ちょこっと富士山が見えてますが、わかりますか?

金時山から遠ざかるにつれ、だんだん富士山が顔をみせます。この変化が面白いです。

DSC03661

大涌谷方面。これからだんだん近づいていきます。

C0817T01
最初のピークから下りにはいります。この下りが長い!
しかも、箱根竹の背が高いので、風が通らないので暑いし💦

C0819T01
このような鬱蒼とした箇所もあります。こっちのほうがまだ涼しかったです。

C4522T01
眺めが良い所と下りを繰り返す。眺めが良い=日が当たって暑い!(*´Д`)

DSC03665
矢倉沢峠。峠といっても他にコースは無い。昔はあったのかな・・・?
そう、このコースエスケープルートがないのである。

C4524T01
もし途中で調子悪くなっても、進むしかないんです(;^ω^)


C4526T01
中間地点の火打石岳。
できればこの辺に、麓に降りれるコースがあれば良いのだけど(っていつも思う)


C0822T01
ところで、今日の私はモンベルの綿のスカートです。

C0826T01
登山用のポリエステル素材では無かったですが、晴れのピーカンの日には向いてます。
涼しくて良かった♪あ、でも上の半そではノースフェイスのポリエステルです。
腕にはモンベルのクール素材のアームカバーです。
登山ではポリ素材は鉄則なので、そのへん気を付けて下さいね。


C0827T01
やっと樹林帯ゾーンを抜けました。後ろには、金時山と富士山!


DSC03685

ここでなんと、オニヤンマと出会いました!都会ではもう見れない貴重なトンボです。
巨大で、10センチくらいあります。スズメバチを捕食する、昆虫の中でも最強なやつです。


DSC03688
最乗寺との分岐店。湯本方面からの登山道です。


C4543T01

富士山がずいぶん大きくなりました!


C0829T01

ほどなくして明神ヶ岳に到着!!登山開始から2時間20分かかりました。

大涌谷が近い!


C0831T01

もちろん、富士山と金時山も!

山頂で30分ほどランチして、下山です。

C4557T01

下りは、この富士山と金時山を眺めながらの絶景下山です!
これ、帰りの方が景色いいじゃん!と思いましたw


DSC03714

金時山のトレイルがウネウネと見えてます。

DSC03713

アップダウンは多かったですが、えらく疲れた感は無かったです。


今回のコースはピストンでしたが、私達のゆるゆる登山部の足で4.5時間でした。
距離は10.3km。累計750mでした。


これで金時山に登ったらプラス2時間くらいなので、もっと疲れそうです💦
その場合は、やはりオーソドックスに、下の金時神社に車を停めて、金時山に登り、
その後に明神ヶ岳~明星ヶ岳(または明星ヶ岳まで行かずに手前の別荘地を抜けて宮城野へ下る)
へ縦走してバスで戻る方が絶対楽です!


どちらにしても、今の季節はちょっと暑く、これから涼しくなったらおススメのコースです。
できれば晩秋とか。。。


でも久々のこのコース、箱根竹を抜けた時の解放感のある稜線が、抜群に気持ちよく、
また、富士山と金時山のツインな絶景を眺めながらなので、やはり楽しかったです。
間違いなくおススメです!(#^.^#)

是非動画でお楽しみ下さい!!




にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村