DSC00513
ひどく狭いクネクネ林道を走った先にあった平たい駐車場 (静岡県伊豆:丹野平にて)

今回は車のペダル考・・っぽい内容になってます。Σ(´д`;)ナゼニソウナッタ?!

ハスラーとエブリイワゴンのアクセルペダルの高さの差に気がついた旦那サン。
車の種類が違うので当たり前の話ですが、ハスラーのペダルの位置ってちょっと高いと思います。
多分とシートの高さの兼ね合いとか、ペダルの角度のせいなのか何なのか分りませんが、
長時運転すると、アキレス腱からふくらはぎの辺が疲れる事が多かったです。
(原因は売ってしまった今となってはわかりませんが・・・(゚∇゚ ;)エッ!?)

うちは夫婦ともに170センチ前後で身長差は無いので、
同じような痛みが出るのは当然といえば当然で、そうでない身長の人でも同じなのか、
相関関係あるのかは、、、謎です。




エブリィワゴンに乗って3ヶ月経ちましたが、旦那サンも私も、
長距離で足がひどく疲れた事、今の所無いです。。ただし!
・・その代わりといってはナンですが、助手席にずっと座っていると、
私の腰が痛くなるという症状が出るようにナッタ。ハスラーではなかったのに!w
でも、不思議と運転している時に腰痛は出ないので、これはきっと助手席で
ダラーとした姿勢でいる自分にきっと原因があるんだと思う(ゴメンよく寝てるし(; ̄Д ̄)
 
あと、旦那サンが毎日通勤で使っているのがマツダ車で、
マツダ車のアクセルペダルが「オルガン式」だから直ぐに気がついたみたいです。
なにに?というと、
マツダ車は床から出ているペダルを踏み込むオルガン方式を採用していて、
かかとが床からずれにくく支点が固定しているので、スズキ車とそもそも違うのですが、
面白い事に、エブリィに関しては、かかとが同じ位置のまま操作できます。

つまり、エブリィのアクセルペダルは「吊り下げ式」なのに、「オルガン式」のように
かかとがあまりズレないで運転できるのです。
(足のサイズが小さいと、床に届かない人がいるかも知れないけど・・・)

吊り下げ式とオルガン式、人によって好き嫌いは分かれると思いますが。。。

そして旦那サンはそのオルガン式が気に入っていて、そえゆえ試乗の時にすぐに、
エブリィワゴンのペダルとハスラーのペダルの違いに気付いた・・・という事なんです。

エブリィの運転席が狭いため、結果的に(たまたま?か意図的か)似た感触にになった感もしますが、
うちの夫婦の場合、それがいい塩梅に働いたようです(身長と足のサイズも似てるから?)





体型によって合う合わないがあるので、一概には言えないですが、
これは最新のエブリィ、エブリィワゴンのパンフレットを開くと
「スズキの安全技術 基本安全 運転姿勢と操作系(運転しやすく疲れにくいポジション)」
と、運転しているモデルさんの右の膝の角度が、左足の膝と高さが同じ状態で、
床に付いているように見えます。
IMG_0969 (1)

 
さて、、最新のハスラーはどうなのか気になってネットで調べたら、

なんと、同じようなポーズの写真がネットカタログの中にありましたΣ(=゚ω゚=;)マジか

もしかしたら、エブリィと同じような感じに??
うーん、でも新型ハスラーの方が運転席広いハズなので、それは無いと思いますが・・・

気になった人はちょっと調べてみて下さい
www.suzuki.co.jp/car/hustler/comfort/ 



                              ・・・続く




この記事を最初から読みたいなと思った方は、こちらからどうぞ♪
http://hanapyon2.blog.jp/archives/5040374.html


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村