ハスラーの売却と、エブリィワゴンの購入の契約を交わした翌日、
その大手中古車ディーラーにて、ハスラーを早くも手渡してしまった私。

購入したエブリイワゴンが届くまで乗っても構わないんだけど、
その間もしハスラーで事故ってしまうと、下取り価格どころとかでは無くなってしまうので、
気が小さい私は、さっさと引き渡してしまった(((( ;゚д゚)))ドンダケ~

ごめんよハスラー。薄情な主人を許して下さい…('A`|||)




ハスラーには約5年間乗った。
普段は通勤に。休みの日は車中泊しながら登山にも良く行った。
買って最初の車中泊は、千葉の房総半島だった。房総は道の駅だらけで、ちょっと走れば次の道の駅が出てくるは、道は広くて走りやすいで、すごく楽しめた。
で、その時初めて、車中泊の楽しさも知った。

DSC04253
        ハスラー越しの八ヶ岳(ビーナスライン)

夏は八ヶ岳の未舗装の悪路を文句も言わずに走ってくれた。小さい体を小刻みに土煙を上げながら。
美ヶ原高原や霧ヶ峰、ビーナスラインも爽快に駆け抜けた。

丹沢や伊豆にも良く行った。とりわけ狭い林道では、「あーハスラーで来て良かった」というシーンが何度もあり、登山にはやっぱり小さい車の方が「気が楽」と感じた。
その結果が、今回買い替えることになったエブリイワゴンなんだけど。。。

他にも沢山、山へ海へ街へ、色んな所へ連れて行ってくれた。

そんな事をしみじみと思い出しながら、エブリイワゴンの納車を待った。
DSC03319
             伊豆のとある漁港にて



超最強クラスの台風が通り過ぎた翌日に、エブリイワゴンの引き渡しについての連絡が入った。
外観のチェックがしたいので、明るい時間が良いと仕事が休みの土曜に決めた。


そしていよいよ納車当日、カメラ持参でお店に行く。
車を実際に見ないで、ネットの画像を頼りに買ったのだから、カメラは必要と思った。

そういえば…実際に車を見ないで中古車選びなんてね…なんて否定的な事を言っておきながら、結局そうなったじゃないの。ほんと、いい加減な人間である(; ̄Д ̄)イマサラナニヲ

別の言い方をすれば、大手中古車ディーラー恐るべしである。(私たち夫婦がイイ鴨だったのか)



開店きっちりにお店に到着すると、たった今洗い終わったと言わんばかりの水滴のついた「白くてデカい軽」店頭の前にあった。
(え、コレ?でかっ‥)

スズキのお店で見た時のよりもデカく見えるのは気のせい?

とりあえず、外をチェックして特に問題ないのを確認。
次に後ろの大きなリアゲートを開くとそこには、、、
中にタイヤが4本乗っていた。
「え?」
お店の人「あこれ、スタットレスです。資料に載ってますよ」
「えそうなの?載ってました?」
「はい、あ、必要ないならこちらで処分し」「いえっ、いいですいいです!」

なんと、前の主がスタッドレスタイヤを込みで売ったのだった!←資料見過ごした(*´Д`*)
ハスラーを売ってしまった自責の念に囚われて、新しい車の情報収集にに気が回らなかった。。


私の頭の中で
「富士見パノラマスキー場」や「冬の信州」「スノーシュー」の足音が近づいてきた。゚+.(・∀・)゚+.゚



                                    ・・・・・続く


1話からはこちらからどうぞ↓
http://hanapyon2.blog.jp/archives/5040374.html