世の中には
「趣味の為には車をも買い替える人達がいる」

50年以上生きていると、そんなことを多少なりとも耳にするものである。
どんな人達が、なぜそこまでハマってしまうのか、知る事無く生きて来た。
(まぁ、あまり興味もなかったが)
しかし実際いるのである・・・・・・


これは、「あれ?いつのまにかそうなってたよ」の夫婦の話である
(゚∀゚)アヒャヒャ


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2020年2月現在、我が家は車を2台所有している。


1台は私が普段通勤に利用している<エブリィワゴン>

BlogPaint



そしてもう一台は、同じく通勤で旦那サンがが使っている
<アテンザワゴン>である。
DSC03622


昨年の秋にエブリィワゴンを購入し、そこから6回車中泊を行った。
その間、アテンザワゴンでも1回行った。

2台共に車中泊できるので、場所や距離によって使い分けている。
いや、エブリィワゴンはまだ購入してから半年も経過していないし、夏の時期もまだ経験していないので、正確には使い分けをしようと考えている最中だ。


真夏以外、秋から春にかけては車中泊のシーズン。期間は結構長い。
今後も趣味の登山と合わせて、多いに楽しみたいと思っている。


そこで・・・!


この全っ然ちがうタイプの車で、車中泊の比較をしてみようと思った(☆゚∀゚)チト無理ガアルヨ



題して、
「車中泊勝負!?エブリィワゴンvsアテンザワゴン」




その前に、ちょっと我が家の経緯をざっくり紹介させて頂きたい。


私はエブリィワゴンを購入する前に、ハスラーに乗っていた。
ハスラーは、八ヶ岳に登山に行きたくて買ったと言っても過言ではない。
八ヶ岳の(赤岳)の美濃戸口や桜平は未舗装のジャリ道で、特に美濃戸の方は悪路で有名なくらいなんだけど、ビビってなかなか行けずにいた。
我が家も行ける物なら行きたい、でも車がなぁ・・・と、中々踏み切れずにいた。車高の低い普通車じゃ無理だろう、車を買い替えるしかないと考えていた。

そんな時、タイミング良く<ハスラー>が発売され、その頃私が乗っていた軽を売って、ハスラーに買い替えた。なぜかハスラーじゃあないと、行けないと思ったからだw
(実際行ってみたら、普通の軽でも行けると気付くw)

車中泊も出来るのも大きな魅力で、登山(特に狭い林道)に、車中泊に多いに活躍してくれた。
がしかし、やがてハスラーでの車中泊が段々面倒になってきて、
結局約5年後、下取りが下がる前にエブリィワゴン(中古)に買い替えてしまうのだった。


それについては、こちらをどうぞ 「ハスラーからエブリィワゴンに乗り換えたら(1」
http://hanapyon2.blog.jp/archives/5040374.html







対して、旦那サン。
我が家が登山にハマった当時(2014年)、彼は日産の通称Zに乗っていた(通称の意味ナシw)
当初はマフラー音轟かせて(←迷惑)、ごきげんで登山口に乗り付けて(?)いたが、登山とはあまりにもかけ離れた車の為か、登山者からどこか冷ややな、いや好奇の視線にさらされ(同じかw)る事が多かった。
ってか、車内で寝るとか、あとザックとか登山靴とか、とにかく荷物が多い登山の趣味には向いてない車だった。それでも、登山口までのドライブを楽しむ事に関しては、最高に面白かったし、案外小さいボディなので、登山口での狭い駐車場でもさほど苦労しなかった事を憶えている。

で、登山を初めて1年経過した頃に10年間乗ったZを売って、マツダのアテンザワゴンに乗り換える事になった。

なぜアテンザワゴンにしたかというと、一言で言うと、、、
「ステーションワゴンで、寝れる」からだ!←安直w


その頃対抗馬で発売されたのが、スバルの<レヴォーグ>で、今もよく比較対象されているが、
どっちにしようかちょっと悩んだ。でも最終的にはデザインで選んだんだけど。


登山の為に車を替える人種がいる、と噂では聞いた事あったが、
まさが自分達がその「ど真ん中」にあてはまることになろうとは、10年前には思ってもみなかった。
なぜなら、登山なんて自分達は絶対することないと思っていたからだ。
それは、完全に、1ミクロンも無かったくらいだ。

          まさに、人生に<絶対>は存在しない、です。



                                ・・・・・続く



あ、すいません、ざっくりと・・・と書いておきながら長くなってしまいました。
次は車の比較を書いて行きますので、お楽しみに♪



にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村