DSC06373

登山や車中メシの時のように、外でコーヒーを飲む時、どうしてますか?

昨年の登り納めでチラッと紹介させて頂いたのですが、
「ダイソーのミニステンレスボトル140cc」

その後も気に入って使っているので、改めて細かく記事にしてみました。


DSC06255
ダイソーミニステンレスボトル(140cc)
大きさは、高さ15cm×4cm。重さは130g。お値段は300円。
普通はこの中に、お湯や液体などを入れるのでしょうが、我が家では、この中にレギュラーコーヒー(挽いたもの)を入れていきます。お湯は、別ポットに入れて持ってきます。


IMG_2124
山頂でコーヒーを淹れて居る写真。最近はこれが定番になってます。

合わせて読んで欲しい↓


DSC06367
ミニステンレスボトルは大きさが3タイプあり、去年に発売されてますが、その中でも一番小さい140ccのタイプは多分夏以降に発売されたようです。(すみません気が付くと売っていた)
300円の割にはちょっと高級感があります。でも300円には見えません。見た目1000円くらい?
表面がマッド調で指紋が目立たない加工してるのも良いです。
ちなみにカラーは白もありましたが、山に持って行くので汚れても良いようにブラウン選びました。



DSC04798
それまでは小瓶にインスタントコーヒーを入れていた・・・

でもインスタントコーヒーは、レギュラーコーヒーよりも少量で1杯分作れるというメリットもあります。レギュラーコーヒーだと、倍の容量が必要です。なので登山で縦走する時は、やはりインスタントコーヒーを最小のジップロックに一杯分ずつ入れて持って行きます(´;ω;`)ウゥゥ


とはいえ、日帰りや、車中、観光先などなら、レギュラーコーヒー作れるんじゃない?と思っていた。
ただ、レギュラーコーヒーを詰めていく容器が、なかなか見つからない。
瓶だと重いし落とすと割れるし、なんか大げさだし。持って歩けきたいと思える容器が無かった。
そんな時、やっとそれに合ったボトルを、大好きなダイソーで発売してくれた!!
IMG_2067
ふたの裏。ゴムパッキンが中に入っているので、密閉性が高いです。
粉が酸化すると困るので、このような気密性の高い容器を探していました。

IMG_2066
5~6杯分くらいは入ります。2泊3日の旅行まで、でしょうか。

DSC06256
ステンレスなので、粉がサラサラこぼれて良いです。

DSC06257
ドリップタイプは簡単に作れるのが良いところ。洗い物も少ないし(☆゚∀゚)

IMG_2070
お客さんが来ても、テーブルの上で使えそうです。

IMG_2069
ちなみにフィルターもByダイソーです。家では「モモンガ」とか「ムササビ」とか呼んでますw
12枚入りで100円です。

IMG_2068
扱いやすいし、なんかカワイイ♡

まぁ、インスタントコーヒーに比べると、フィルター代がかかるのでコスパ悪いです。
でも自分のお気に入りの粉を、飲みたい場所で飲む!という価値!!
これは、これしきの事では不経済とは言えない!と思います.。゚+.(・∀・)゚+.゚


そんなわけで、外出ではマストな持ち物になってます。
おススメなので、是非!



にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村