先日購入したモンベルのザック、バーサライトザック30の使用結果です。

結論から述べます。
まぁまぁ、良好でした(^^♪


といっても、こういった物は、個々人の体形と関係するので,その辺はご了承下さいませ。


登った山
御坂山~黒岳(山梨県河口湖町)
距離約10㎞ 単純標高差約480M 累計標高700M
山行時間:5時間
重量 水1.5㎏ プラスチックコップ 昼食(菓子パン2つ、ヤマザキのお団子3本入り)ダウン レイン(上だけ) フリース 他、財布やハンカチティッシュ日焼け止めなど 計3kg


前回の記事です↓



ただし・・・!まず最初にお詫びです(;^ω^)


前回の記事でこのザック、背中のパっとがウレタンで、
ワイヤーのような芯が入っていないので自立しない・・・
と書いたのですが、、、荷物を実際に詰めて背負ってみたら、なんと、ななんと・・・!

自立しないどころか、背中に隙間が空いてしまうことが判明Σ(゚д゚;)

予想外の思わぬ展開です。自分としてはてっきり、ダラーンと下に吊り下がるだけかな?
と思っていたのですが、実際に荷物を詰めてウエストベルトで腰部を固定したら・・・

ザックの背面がぐにゃんと内側に曲がって、背中とザックの間に大きく隙間が空くではないか!
鏡見て「うわマジか!」でした。

買う時にお店の人に見てもらって、座面長も合っているのを確認して購入したので、
胴の長さには合ってるはずなんだけど・・・??
でもお店では、ザックの中に詰め物を入れて、パンパンに膨らませてあったので、
隙間とか気にならなかったんだわ・・・(; ̄Д ̄)←登山道具あるある


で、こっ、これ、重心どうなの?と不安になって、肩のハーネスを最大に引っ張って、
一番短くして調節しました。それでとりえず悪くない重心(?)になったので、
まぁこんなもんかな?と自分に言い聞かせることにw

DSC00671_LI
このように、ザックと背中の間に、結構隙間ができています。(青い〇の中です)
この写真だと、腰のウエストベルトまた巻いてませんね。してないにも関わらず、すでに隙間ができてます(;^ω^)


これは流石に不安だったので、ある秘策を講じることに・・・
それがこちら!↓
DSC06757
名前は忘れましたが、ザックの背中の汗予防のグッズです。
登山を初めて1~2年くらいの時に使っていた物で、使わなくなってから5年くらい経過してます。
素材がプラスチックなので、劣化して途中で割れないか心配でしたが、まぁ大丈夫でしたよ。

これでちょっと背中の支えが出来て、変な重心で疲れずに済むかな?と登山に挑むことにしました。
重さは100gくらいだと思います。

本来はノーマルな状態で使いたかったのですが、途中で肩が痛くなったりすると嫌なので、
安全策として致し方なく・・・このような方法となりましたm(__)m


DSC00666
河口湖畔にそびえる、御坂山塊を(プチ)縦走する為に、<天下茶屋>横の路肩に車を停めてスタート。

DSC00702
すんごい天気良かったです。富士山もばっちり撮れた♪(4月21日撮影)

DSC00685_LI
黒岳山頂♪



今回登ったコースはアップダウンがなかなか多く、
単純標高差は500M無いものの、累計標高が多いコースで、登り返しが多くて途中で嫌になりました(;^ω^)
ゆるゆる登山のハズが、気が付くとヘロヘロ登山でした。


結果★


まず、行きの山行で、汗除けパットを装着して登った結果。

重心が後ろに引っ張られたり、左右に振られる事なく、いたって普通に感じました。
ザックの中のパッキングも、あんまり考えないで詰めましたが、
ズッシリと感じる事も無かったです。
山頂でザックを降ろして、手で持った時に「あ、結構重いな」と感じましたが、
登山中は、正直、重さをあまり感じなかった程です。
汗除けパットがザックの支えになっていたーーというのも、理由にあると思いますが、
上記の写真のように、ザックがグニャリと曲がっていますので、実際には殆ど支えにはなってなかったと思う。



そして問題の下りです。
何故問題かというと、下山時は登りより前後の衝撃が大きいので、
それにより肩パットが肩に擦れて痛くなることがあるから、なんです・・・。

今まで使用していたマムートのザック、軽量化で肩パットが薄い為に、下りで必ず肩が赤く痛くなるんです。
このバーサライト30も、30Lにしてはちょっと薄めのパットなので、それが一番心配の種でした。


下りでは、背中の汗除けパットを外して、ザックの中にしまって、ノーマルに戻しました
これで何か問題が出なければ、次回から心配なく使えるぞ!ってもんです(*'▽')



その結果は・・・


なんら問題ありませんでした!(☆゚∀゚)アハ


後半のアップダウンで、かなりヘロヘロになりましたが、背負っていても、重さを感じることなく、
心配していた肩への食いこみも無く、さすがモンベルだと、感心しました。

(といっても、食料とか水は減っているので、登りと全く同じ条件では無いですが(;^ω^))




コレ登山に使えますよ~↓


本来30L用なので、泊り縦走時のザックがパンパンになった状態にならないと、
本当の能力はは発揮できないかも知れませんがね・・(;^ω^)


それでも、ザックの重さが605gと、マジで軽いので、普段の日帰り登山に使っても
わざわざ重いザック背負うよりは、(少々背中に隙間が出来ようが)、こっちの方が良いのでは?
という印象です。


とりあえず、このザックで暫く日帰り登山してみようと思ってます。


にしても、早く新コロ収束して欲しいわ~(*´Д`)


今後も気になった点が出てきたら、また記事にしたいと思います。

また、今回の詳しい山行も後日アップしたいです。←ヘロヘロ登山だぽ~(*'ω'*)



にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村